あなたは「歯」について考えたことありますか?歯科医の前に歯の知識

『歯』に関する知識をご紹介 

歯のイメージ

歯は口の中(口腔)にある食べ物を咀嚼するためにあり、多くの高等動物が持っています。
人体でもっとも硬く丈夫であるため、遺体ではその治療状況によって人物の特定の重要な手掛かりとなることもあります。
人間の歯は乳歯から永久歯に生え変わるとそれ以上は生え変わりませんが、ネズミのように一組の歯が伸び続ける動物もいれば、サメのように2週間に一組ずつ新しい歯が作られていく動物もいます。
歯は多くの種類と構造を持ち、それぞれ異なる目的を持っています。
このサイトでは人間の歯について、乳歯と永久歯などについて解説しています。
歯科医に行く前に、知識として知っておいてはいかがでしょうか。

Contents

  • 歯の役割

    歯の役割

    そもそも「歯の役割」とは?
    あなたは歯の役割をきちんと考えたことがありますか?
    人間はもちろん、様々な動物になくてはならない存在です。
    動物や人間の歯は、形状が違うだけでなく、役割も少し異なります。
    物を食べたりするだけでなく、発音にも重要な役割をしています。
    歯がなくなってきたお年寄りの発音って、聞きにくいですよね・・・。
    自分の歯が何本あるかご存知でしょうか?
    成人は通常で28本、親知らずを入れるとなんと、32本もあるんです!
    それ、実は歯が関係していたんです!
    このページでは、人間とその他の動物の「歯の役割」から構成までを知っていただけます。

  • 口腔外科専門医
    日本オーラルクリニック 名古屋市中区栄四丁目2-29 3F
    高度な技術の口腔外科治療と最新のインプラント治療。
    http://www.japanoralclinic.com/
  • 人の乳歯

    人の乳歯

    実はすごい?!乳歯
    数か月ころから生え始め、3歳までには生えそろいます。
    そして、成長とともに抜けていく乳歯。
    全部で20本ある乳歯は、永久歯と比べるととても柔らかいんです。
    実は、乳歯を使った研究が行われているくらい、貴重な存在です。
    将来の歯並びにも影響が出てくる乳歯について知って、お子様へのケアへ役立ててください。
    また、歯が生えてくるのが遅いお子様は、「萌出障害」という先天的な歯の障害があるかもしれません。
    定期的に歯科へ通わせてあげましょう。
    それぞれの歯の種類を知ることで、抜けていく歯を見るのが楽しくなるかも?!

  • 人の永久歯

    人の永久歯

    6歳ころから生え始め、13歳ころには生えそろう永久歯。
    子どもの歯より丈夫で、ちょっとしたことでは抜け落ちることはありません。
    実は、きちんとしたケアをすることによって死ぬまで使うことができるんです!
    おいしくものを食べる、元気に生活していくためになくてはならない存在です。
    種類や特徴を知ることで、老後へ多くの歯を残せるようにしてみませんか?
    また、一番奥の「親知らず」は生えてこないこともあります。
    最近では、先天的に親知らずのない人もいますが、異常ではありません。

  • 歯の痛み

    歯の痛み

    虫歯ができて歯が痛い!のはもちろんですが、
    虫歯じゃないのに歯が痛む・・・
    昔、神経を抜いたはずの歯が痛む
    そんな経験ありませんか?
    歯の痛みって我慢できませんよね。
    放っておいて顔が腫れてしまったら大変です。
    どうして歯が痛くなるのか、どのように痛いのか。
    実は、治療したあとで膿がたまってる、なんてこともあります!
    知っておくだけで少し歯医者での治療の心構えになりますよ。